TEPPEN 芸能人ピアノ編
いやあピアノ上手い人がたくさんいるものですね 決勝は杉浦さんとこまつさん こまつさん観客の評価がいまひとつで フリーアナウンサー杉浦さんの優勝 また次回も視聴したいものです フジテレビもいい番組やりますね  
| 芸術 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
広重 二つの近江八景 

広重 生涯で20回近江八景を描いているようですが、今回展示の2種類なかなか渋いシリーズでした。石山秋月はじめ素晴らしい作品。横物と堅物たてものの同時展示

同時開催の名古屋名所団扇絵もいい感じでした。古の歴史を学べる22か所を描いた作品集。

名古屋の三菱東京UFJ銀行貨幣資料館で10月1日まで開催されています。入場無料。

おまけ 案内送付依頼をしておくと案内葉書と引き換えで浮世絵葉書を1枚もらえます。小生は今回東海道五十三次保永堂版京師(京都)三条大橋を頂戴しました。

| 芸術 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
広重 江戸風景ごよみ

三菱東京UFJ銀行貨幣資料館で開催されている広重江戸風景ごよみをみてきました。東都名所 江戸近郊八景 東都八景 四季江戸名所 東都名所 画中の賛ー狂歌も味わい深い。入場無料 7月23日まで 赤塚や赤塚白壁からすぐ 近くにはいろいろな文化をたどれる史跡などがあります 白壁は高級住宅地です。

久しぶりに10億円相当の札束の固まりをもちあげたが軽いと感じました。30億円くらいはいけそう・・・



| 芸術 | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
追憶

五月の連休中7日に映画追憶をみました。岡田准一主演小栗旬や安藤サクラが好演していました。降旗監督木村カメラマン千住明の音楽もいい感じでした。泣ける映画です。長澤まさみもいいかな。西田尚美もなかなかでした。柄本祐も好演。

| 芸術 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
昼コン

昨日は昼コン 春の日はすぎゆく〜サラマンカホール・レジテント・カルテツト〜

愛の挨拶エルガー愛の喜びクライスラーレベルタンゴピアソラ弦楽四重奏曲第1番op18-1より第一楽章べートーヴェン弦楽四重奏曲第79番op76-5ラルゴハイドン

弦楽四重奏曲第2番op13メンデルスゾーン真田丸のテーマ服部隆之 いい演奏でした。

| 芸術 | 05:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
2014 ベスト展覧会

 今年も多くの展覧会に出かけましたが、小生なりのベスト10を選んでみました。

1.栄西と建仁寺展

2.チューリヒ美術館展

3.デュフィ展

4.クリーブランド美術館展

5.シャヴァンヌ展

6.法隆寺ー祈りとかたち 

7.ミレー展

8.ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション

9.台北 國立故宮博物院−神品至宝−

10.夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ

11.ウフィツィ美術館展

ウフィツィ美術館展は記事にはしませんでしたが、いい展覧会でした。



| 芸術 | 15:27 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展

23日からBUNKAMURAザ・ミュージアムで開催中のキャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展を見てきました。オーストラリアに行きアボリジニにブーメランのやり方をおしえてもらったり、自然公園を水陸両用自動車で回った時の記憶がよみがえるものがありました。ニュージーランドは未訪問で友人知人からいいところと聞いています。画だけでなく博物館的要素もあり、腰布の展示もありユニークに感じました。資金不足で1980年代まで整備にかかったということで苦心の作品集のようです。花に興味がなくても意外と楽しめる期待以上の展示でした。最後のボタニカルアートコーナーもGOODでした。

2015/3/1(日)まで開催中 ※1/1(木・祝)、1/26(月)休館 以下HPから

『バンクス花譜集』は、ジョゼフ・バンクス(1743-1820)がジェームズ・クック(1728-79)の第一回太平洋航海に同行して収集した植物標本と、現地で画家に描かせたドローイングをもとに制作された全743枚からなる豪華植物図譜である。




| 芸術 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ
今日からBUNKAMURAで開催された夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへを見てきました。モネ、ルノワール、セザンヌ、デュフイ、モデリアーニ、シャガール、キスリング、ユトリロなどに加え藤田の作品もありました。日本人はフランス絵画を好む人が多いのでかなり混んでいました。タピスリーも展示されていましたので、お好きな方は見に行かれるといいかもしれません。ヴラマンク、ルオーの作品もなかなかいいものがありました。
12月14日まで開催され11月4日のみ休館です。
| 芸術 | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
チューリヒ美術館展
国立新美術館で開催されているチューリヒ美術館展―印象派からシュルレアリスムまでに行ってきました。オルセーに行く人も多数みかけましたが、本展もかなり混んでいました。モネの部屋の水連の池、夕暮れなどの大作を見てポスト印象派の部屋へ ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、ルソー次はホドラーの部屋真実、第2バージョンなどいい感じでした。ナビ派はボナールとヴァロットン ヴァロットンの風景画日没、ヴィレルヴィルがいい感じで、来場者も良いねとの声あり。ムンク、表現主義ときてここではマックス・ベックマンの女優たちが素晴らしい。
そのあとはヴラマンク シャトゥーの船遊び、クレー、抽象絵画、シャガール このあたりではシャガール聖家族、婚礼の光、戦争、パリの上でが印象的でした。シュルレアリスムではタンギー 明日、マグレット 9月16日などがGOODでした。
スイスは以前訪問していますが、今後いついけるかは不明で今回代表作ばかり74点を見ることができたのは幸運でした。
| 芸術 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
印象派のふるさと ノルマンディー展 −近代風景画のはじまり−
新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の印象派のふるさと ノルマンディー展 −近代風景画のはじまり−に行ってきました。ターナーの渋い作品示からはじまり、絵になる風景を巡る旅ーイザベイ、クールベ、ブーダンからデユフィまでとの副題の通り多彩な画家のターナーの影響を思わせるものが多い絵画及び写真の展示があり、期待以上の展覧会でした。ターナー展は何度か見ていますが、相当楽しめると思います。
モネのサン=タドレスの断崖もいいですし、クールベの波、ブーダンの満潮、ル・アーヴル、ウール停泊地、コードベック=アン=コーのセーヌ河
ヴァロットンのオンフルールの眺め、夏の朝、 
オンフルールとセーヌ河口、デユフィの作品の中では赤い彫刻のあるアトリエなど素晴らしい作品を多数見ることができました。イザベイのトゥールヴィルのレ・ゼコーレもいい感じでした。デュブールのオンフルールの帆船も悪くありません。
11月9日まで開催されています。



 
| 芸術 | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE