経済セミナー ナッジで社会は変わるのか

久しぶりに経済セミナーを読みました。置いてある書店が減り、定期購読するほどでもないし。若い頃はよく読みました。6、7月号 初心者向けでした。

| 書評 | 13:37 | comments(0) | - | ↑TOP
ワイルドサイドをほっつき歩け

ブレディみかこ イギリスには観光、ビジネスで行ったことがあるが、かなり前で現在はロンドン在住ジャーナリストのFBFからの情報や大学同期でイギリス政治が専門の大学教員がいますが、酒の話と階級の話は参考になりました。幅広くいろいろ見方を収集して分析、判断の材料にしたいと思います。僕が旅行でロンドンに行った時やビジネスでロンドン行った時、パブがたくさんあったが数が減り、泡系好む人が増えたと。僕がバブルの時代ロンドンの現地外人ディーラーたちと飲みに行った時はシャンパンでした。                                                    筑摩書房 副題はハマータウンのおっさんたち ハマータウンの野郎たちというポール・ウィルスの本が昔出版されています。

| 書評 | 17:20 | comments(0) | - | ↑TOP
対決!日本史 戦国から鎖国編

安倍龍太郎 佐藤優 潮出版社 史観を磨け!教養を身につけろ!歴史に光ありー信長、秀吉、家康から日本の未来像を示す 信長は時代から呼ばれていた男だという。また、秀吉は徳川の正式な記録では信長が討たれたことを毛利に話し毛利から武器、兵隊を借り人質をとり大返しをしたという。毛利は関ヶ原でも生き残り、総理大臣を輩出。秀吉への貸しが効いている?足利義昭から乗り換えた?なかなか面白い議論。

| 書評 | 17:04 | comments(0) | - | ↑TOP
還暦からの底力

出口治明著 出口治明さんの本では本物の教養と同じく本人旅が大事とし、喜怒哀楽の総量で人生の楽しみが決まると言う。歴史に学べと言う人は多いが清盛義満信長だと。僕は愛知県の五英勲 信長秀吉家康に足利尊氏源頼朝は抑えるべきだと思います。人により好きな歴史上の人物は違いますが。立命館APUのことについて詳しく書いているので、APUに関心がある人には有益な本か。講談社現代新書


| 書評 | 14:44 | comments(0) | - | ↑TOP
マックス・ウェーバー 近代と格闘した思想家

野口雅弘著 中公新書 大学の講義でマックス・ウェーバーが出てきましたが、社会人になっても読んだことがあります。良い内容で安倍首相はじめ内閣のメンバー、議員、都道府県知事、主要都市の首長にも読んで欲しいですね。一般の人にも参考になるところ大だと思います。著者は道徳が大事だと結語に記していました。早稲田大学政治経済学部博士課程、ボン大学博士、現在成蹊大学法学部教授。

| 書評 | 16:49 | comments(0) | - | ↑TOP
SDG s投資

長い付き合いの渋澤健君が書いた本 渋澤健君は渋沢栄一の子孫です。いろいろな人の参考になると思います。朝日新書 知人の佐藤明君が出てきたりします。

| 書評 | 05:38 | comments(0) | - | ↑TOP
戦国武将の叡智

小和田哲夫 中公新書 近年活躍が目立つ小和田さん 大河ドラ麒麟がくるの時代考証もしていますね。幅広く戦国武将を論じており、初心者向けか。既知のことが大半でしたが、人により解釈があり、また、新事実が次々と出ており、今後もいろいろな見方を参考にしたいと思います。

| 書評 | 14:49 | comments(0) | - | ↑TOP
白人ナショナリズム

渡辺靖 中公新書 アメリカを揺るがす文化的反動 欧米に広がる白人至上主義の全貌 新型肺炎でヨーロッパなどで人種差別が起きていることが報じられています。日本は今のところ人種差別が顕在化していないと思うが、海外ではもとから人種差別がありさらに先鋭化するかもしれないので、文化、人種の動向に今まで以上に留意したい。アメリカではバイデンがバイデンを支持しない黒人は黒人にあらずと発言し平家物語のようになり、トランプ大統領が有利になるかもしれず、情報を幅広く入手し分析すべきだと思う。

| 書評 | 14:27 | comments(0) | - | ↑TOP
京都の誕生

桃崎有一郎 文春新書 友人が先日読んだということで手に取りました。平家が完成させ破滅させた京都 ちょうどNHK100分de名著が平家物語 再放送をしています。権力闘争と土地開発 天皇や平家は開発し愛着があるが、源氏は利用しただけで鎌倉幕府を開く。昨日はいいね!光源氏くん最終回だったが、今日の麒麟がくるは斎藤義龍が織田信長暗殺を計り明智光秀が防ごうとする。平安以降の歴史は面白い。

| 書評 | 14:02 | comments(0) | - | ↑TOP
陰謀の日本中世史

呉座勇一 角川新書 本能寺の変に黒幕はいたかに60ページ割いて諸説を解説。明智光秀の子孫明智憲三郎さんまでフォロー。僕も明智憲三郎さんを長くフォローしています。明智憲三郎さんに賛同するわけではないが、いろいろな説があることは認識した方が良いと考えています。徳川家康が小牧長久手の戦いの時名付けた言われる歴史ある地に住み、信長公記の著者太田牛一が近くに住んでいたこともあり、日本の歴史は子供の頃から興味があります。歴史に興味がある人には一読の価値があると思います。ベストセラーになった本で、出口治明さんが推奨されています。

| 書評 | 14:34 | comments(0) | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE