世界イノベーション都市宣言 大村愛知県知事

世界イノベーション都市宣言時代は国家から地域へ 愛知が起こす成長革命競哀蹇璽丱詈圈‖臑悉┥楼γ慮知事 PHP研究所

犠蓮々匐宇宙産業がつむぐ未来への挑戦

蕎蓮.魯崚垰圓箸靴討量ノ

珪蓮|里僚言囘垰

絃蓮ー動車都市の未来展望

江蓮ヾ超先進都市としての魅力

詐蓮.謄サスに学ぶ成長の秘訣

年中世界各地を飛び回り愛知県のアピールに注力する大村愛知県知事 いい本書いていますね 売れてるようです 

世界に羽ばたけ 日本中部そして愛知県

| 書評 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
偽りの経済政策 岩波新書

偽りの経済政策ー格差と停滞のアベノミクス 実感なき景気回復 この道は、私たちをどこへ導くのか 服部茂幸 を読みました。成果を上げられず言い訳と詭弁に終始する黒田日銀と安倍政権の偽りを検証したもの 以前アベノミクスの終焉を上梓されている著者の指摘は鋭く妥当性が高いものであります。

結語の だから、日銀の信認を破壊する者は日銀自身なのである。原田さんの妥当性の欠如した発言もあり。岩田さんもどうなのかと。目標を先送りするだけなら中学生にもできる。日銀の仕事は中学生でもできるようなことなのかと痛烈に皮肉る。藤井聡太四段のような天才の中学生もいるが。安達さんも登場している。豊富な参考文献の列挙も多くの人の参考となりそうです。

第1章 低成長が続く日本経済

第2章 雇用は増加していない

第3章 デフレ脱却という神話

第4章 広がる格差

終章 アベノミクスとポスト真実





| 書評 | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
AI 知るほどに驚き!の話河出書房新社

基本と最新事情が二時間でわかるとの歌い文句ですが小生は30分かからず読了 オムロンはじめ内外の企業について言及しており夢文庫安くて為になりました。680円


| 書評 | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
分解するイギリス 民主主義モデルの漂流

EU離脱問題の真相を探る 非合理な選択はなぜなされたのか という帯 近藤康史著 ちくま新書

かつて日本は民主主義の手本はイギリス法律はドイツを見習ったのだが、今やドイツのもとのプロイセンはロシアやポーランド。民主主義の規範も変化してもむべなるかな。大学でイギリス議会政治史も取りました。

序章 モデルとしてのイギリス?

第一章 安定するイギリス

第二章 合意するイギリス

第三章 対立するイギリス

第四章 分解するイギリス

終章 イギリスはもはやモデルたりえないか?

昨年、今年とイギリス選挙は世界にとり火種となっており、一読をおすすめします。激しいポンドの動きを考えるヒントがあるかもしれません。6月10日発行。

連合王国分解スコットランド独立があるか。

| 書評 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
謎の漢字 笹原宏之

謎の漢字 由来と変遷を調べてみれば 中公新書 応仁の乱が売れていますがいろいろでています。地名、歌舞伎、科挙漢字のミステリー 不思議な漢字には理由があるのです

第一部日本の地名・人名と謎のJIS漢字 第二部海老蔵は蝦蔵か 第三部科挙と字体の謎 漢検の準1級を受ける人の教養として役立つのではないかと思う。


| 書評 | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
新版 動的平衡 福岡伸一

新版 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか 小学館新書 を読んだ。著者の福岡伸一氏は2009年講演を聴き名刺交換をしたことがある。その時のもう一人の講演者は中村佳子氏。JT生命研究所。福岡伸一氏は朝日新聞にもコラムをもっている。朝日新聞は毎日読んでいる。父が勤めていました。

ソトコトも以前はよく読んでいました。軽く読めて為になる本だと思います。

プロローグ 生命現象とは何か 第1章脳にかけられたバイアスからはじまり9章生命は分子の淀みまで一気に読みました。

ナショナル ジオグラフィック 購読しています。




| 書評 | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
日経おとなのOFF7月号学び直し日本の歴史

近年歴女の増加や刀マニアの顕在化、応仁の乱のhitなどもあり応仁の乱関ヶ原の戦い幕末・明治維新に焦点を当てた企画 なかなかうまくまとまっていました。

大学受験は日本史、世界史を選択した小生 山川の教科書が懐かしい。クイズ番組も増えているが、一読の価値ある一冊。

| 書評 | 06:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
渋沢栄一 巨人の名語録 本郷陽二
渋沢栄一に関する本は何冊か読んでいますが、本書はPHPビジネス新書 副題は日本経済を創った90の言葉 明治の頃有効だったことで今でも通用しそうなことがいくつも記載されています。サツカーW杯に関しては米国がベルギー戦で大いに盛り上がり、
パブリックビューイングは史上最高の観客を集めたようです。1994年の頃とは様変わりでメキシコ並に興奮しているようです。
変わるもの変わらないものがありますが、本書の構成は
第1章 成功への道を語るー正義を貫く 第2章 人生の修養を語るー自分の心をしっかり見つめる
第3章 人との接し方を語るー人を知り、自分を律する 第4章 チャンスと金を語るー運を味方にする
第5章 社会貢献を語るー自分の幸せだけでいいのか 第6章 正しい商売を語るー商いにも道徳あり
参考になるところがありご一読をお勧めします。
 
| 書評 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと
 ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと 時間・お金・ファンタジー 池内紀 小林エリカ
子安美知子ほか とんぼの本 新潮社を読んだので備忘のためメモを残します。
大学時代の友人たちと以前都内某所で飲んだ時話題になったモモのほかにも多くの作品を残し
日本人の妻と再婚など様々なことを知ることができました。ドイツのミュンヘンフランクフルトなどに仕事や旅行で行く機会がありましたので、理解しやすい面もあるドイツ事情及びドイツ文学ですが、10年ほど前もりあがり、最近見直されているらしいです。従前の小説家としてのみならずお金、経済に関する講演、コメントも筑紫哲也氏などとしていたそうで。この本の中で紹介されていることは多岐にわたり、子安美知子氏は著名なドイツ文学者で既知でしたが、その弟子堀江美江氏の文も掲載されています。哲学者経済学者の文もあり、充足とはという禅おようなテーマとその答えの多面性にも言及し、問題提起として興味深い本であり、またミヒャエル・エンデ自筆の絵が多数掲載され、挿絵や表紙に掲載されていないものもあり、参考になるところ大でした。日本では長野県黒姫に資料館があるとのことですが、東京にもできると多くの人にとり恩恵があると思うのですが、ミュンヘンにも再訪する機会があればミヒャエル・エンデ・ミュージアム行きたいものです。日本にもよく来日していたそうですが、存命中にはほかの書き手により興味があり、生の声を聞くことがもはやできないのは残念です。1929-95.時代背景もかなり彼の人生に影響を与えており、ドイツとミヒャエル・エンデの時間やお金等に関して示唆することは未だ大きいと言えましょう。表紙写真の亀と作者は微笑ましいです。裏表紙はMOMO.

以下は新潮社のサイトから
未来は、エンデのなかにあった。

『モモ』『はてしない物語』ほか、ファンタジー物語の傑作を残したエンデ。その作品世界は、社会に対する鋭い洞察から生れたものでした。「時間」や「お金」といった概念を捉えなおし、読者に気づきをもたらすその言葉は、現代人への伝言でもあります。詳細なバイオグラフィと作品ガイド、貴重な自筆画も収録した待望の入門書。

また、刊行記念イベントが12月20日にあるようです。
会場:蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
開館時間:19:00〜
主催:代官山 蔦屋書店
協力:新潮社

| 書評 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
あと1%だけ、やってみよう 私の仕事哲学 水戸岡鋭治
 JR九州の社長やななつ星のTV報道等で著者の名前は知っていましたが、JR九州の特急やななつ星等のデザイナー。ななつ星ににちなんでか7章から構成されています。集英社。
著者は岡山生まれ。岡山はユニークな人を輩出しています。

第1章 それができない理由はどこにもない
第2章 デザインは街をつくることができる
第3章 私を育ててくれたJR九州の仕事
第4章 感動をデザインする—「ななつ星」の場合
第5章 少し無理すると、ひとつ上のものができる
第6章 一緒に仕事をする人と、一緒に感動する
第7章 次世代が幸福になる仕事でなければ意味がない

ヒト・コト・モノとのよき思いでの引き出しをどれだけ持っているかがアイディアが湧き出る量が決まるとの考えには同意しますね。
一諸に仕事することは一諸に生きること だから危ない人とは仕事をしない、避ける
なるほどです。
次世代に一番伝えたいのは心意気という部分にも同意
いろいろなの話を参考にさらなる高みを目指す著者にエールを送りたいと思いました。





| 書評 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE