憲法学の病

複数の知り合いが取り上げていたので読んでみました。中高で憲法全文読み、大学の時は司法試験受けようかとかなり勉強し、政治学科で専門科目て法学部教授の憲法の講義も受講、受験新報も図書館で読んだので、1970ー80年代の著名な学者の論の話は懐かしいです。法学部を卒業した人だけでなく、参議院選挙の折、たくさんの人が手にして、高度な議論が展開されるのを期待したいです。篠田秀朗著 新潮新書

| 書評 | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
なぜデフレを放置してはいけないか

岩田規久男 PHP新書 デフレはよくないと過去の分析はいいが、処方箋はうまく示すことができず、リフレ派として、リフレの効用を詳しく論じた本を出して欲しいですね。

| 書評 | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
カラー版史実としての三国志

渡邊義浩監修 宝島社新書 質素を旨とした賢王だった曹操 あなたの常識がくつがえる 出土品からわかった曹操の思想 真実の三国志がここにある!三国志の物語は面白く曹操を悪者にしているが、学問、歴史書としての三国志に触れることも有益でしょう。

| 書評 | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
漢帝国ー400年の興亡

渡邊義浩 中公新書 漢字、漢民族ー帝国はなぜ中国の古典となったか 中国を規定し続けた儒教国家の実像 よくまとまっています。早稲田大学理事、文学部教授 大隈記念早稲田佐賀学園理事長 専門の古典中国 三国志学会事務局長の著者 ますます活躍して欲しいです。東京国立博物館で数々の中国の文物を見て、内覧会で学芸部長の解説を聞いて回ったこともあります。西域や北の脅威は大きい。

| 書評 | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
老いと記憶

増本庸平 中公新書 加齢で得るもの、失うもの おわりにで、フランクルの夜と霧の引用があり、認知症の論考に深みを与えていると思う。あなたが経験したことは、この世のどんな力も奪えない、から続くくだりはいい。精神科医で心理学者のフランクルはユダヤ人で4回強制収容所に入れられるも生還。夜と霧の感想は以前書いています。

誰もが高齢の親、祖父母を世話する可能性があり、一読すべき本だと思う。記憶力が衰えても、人は成長できる。可塑性 老化は進んでも未開発領域の活動を促進することが可能 脳トレは無意味と。

| 書評 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ブッダが教える愉快な生き方

藤田一照 NHK出版 真の学びは自分が変わること 著者は東京大学大学院博士課程中退 曹洞宗僧侶 仏教も多様な価値観があり、いろいろな宗派の見方考え方参考になります。愉快な生き方するヒントがありました。

| 書評 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ブッダが教える愉快な生き方

藤田一照 NHK出版 真の学びは自分が変わること 著者は東京大学大学院博士課程中退 曹洞宗僧侶 仏教も多様な価値観があり、いろいろな宗派の見方考え方参考になります。愉快な生き方するヒントがありました。

| 書評 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
AIに勝つ

野村直之 日経 18日たまたまジュンク堂名古屋店にプロモーションに来た野村直之さんに遭遇 対応していた女性は副店長と判明 店頭に並んでから手に取りました。AIについて幅広く解説 一読の価値あり

| 書評 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
未来の地図帳

河合雅司 講談社現代新書 人口減少日本で各地に起きること 名古屋市生まれの著者は東京圏関西圏名古屋圏では大阪を中心とする関西圏が最も厳しく外国人頼り、名古屋市の人口を維持するのは外国人と見る。日本人は20年後どこに住んでいるか暮らしているか 多くの地域の将来人口予想も出ている。果たして良い政策と自助で未来は著者の予測を変えることができるであろうか。案内がきていたので通読してみました。著者は未来の年表、未来の年表2を上梓しています。

| 書評 | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
地球をめぐる不都合な物質

ブルーバックス 講談社 日本環境化学会編著 マイクロプラスチックやトロイの木馬など大きな問題です ユニクロもセルフレジになり、紙袋に 拡散する化学物質がもたらすものという副題の意味するところ熟慮したいです アレルギーの問題も重大ですね

| 書評 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE