悪の脳科学

中野信子 集英社新書 笑ゥせぇるすまん研究 笑ゥせぇるすまんは面白かった。大橋巨泉が取り上げ、伊東四朗が実写ドラマやりましたが、今でも面白い。巻末には藤子不二雄Aさんとの対談があります。人間の我慢の総量は決まっている 追記19日の朝日の朝刊に大きな広告が出ました。さらに追記 23日朝6時30分NHKここから インタビュー 漫画家 藤子不二雄Aやるそうです。

| 書評 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
本音化するヨーロッパ

三好範英 幻冬社新書 副題は裏切られた統合の理想 帯にはエリートの建前は聞き飽きた 溜まり続ける怒りのマグマ 読売新聞編集委員が9年半のベルリン特派員経験から語る メルケル後を考える参考になると思います。ロシア、難民、極右がキーワードか。

| 書評 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Voice 新時代の防衛戦略

生存の危機に備えよ 総力特集 FBF村田晃嗣同志社大学教授と河野克俊さんの専守防衛を再考せよなどを読みました。防衛は重要なテーマなので適宜情報を収集したい。

| 書評 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
中央公論

国語の大論争ー論理国語と大学入試 特集 国語について議論がいろいろありますが、多くの識者の対談などは参考になります。日韓クライシスの特集の中に江川紹子先輩の悪化する日韓関係 今こそ読みたい歴史認識とは何か 大沼保昭 聞き手 江川紹子 中公新書 副題 対立の構図を超えて 10月15日に読後感書いた後ものすごく売れた本 大沼保昭さんが亡くなったことを偲ぶもの 学者、ジャーナリストは壮絶なものがありますね。

| 書評 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
文藝春秋オピニオン2020年の論点100

FBFがインドのことに書いているとお知らせがあり全体を通読。小泉進次郎について書いている人もいます。時間がある時読むと参考になるかもしれません。

| 書評 | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
AI救国論

大澤昇平 新潮新書 東京大学の松尾豊氏をフォローしていますが、大澤昇平さんは高専、筑波大学、松尾研博士課程修了、IBM、東京大学 現在特任准教授 、株式会社Daisy代表取締役CEO シンギュラリティの提唱者レイ・カールワイルが、イノベーションが起こるまでの時間間隔は常に短縮されていくという収穫加速な法則を提唱した。大学の時理論経済学で加速度原理というのがあったが、技術の進歩は目覚ましい。以前読んだと思うが、友人が読んだ感想を見て再読して、備忘録として残します。小中の同級生で豊田高専→名古屋大学修士課程編入学した人がいたが、近年人気が高まる高専。ますます人気化し、ファストパスとして広く認識されるかもしれない。大澤昇平さんは福島県いわき市出身だが、愛知県は製造業がかなり前から盛んで、父も家内も理系。博士を持っている理系の人が過半の研究会に長く参加しているので頷けるところが多い本です。アルファ碁については記述あるが、将棋にはあまり言及無く残念です。所謂理系にありがちな専門が限定的なのか。理系から見たAI論。今後心理学、芸術文学宗教など文系エリアが重要になるとの見方も聞くがどうなるだろうか。追記 11月9日 Voice 12月号最後の方に著者に聞く 大澤昇平 AI救国論が掲載されていました。

| 書評 | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
SNS変遷史

天野彬 イースト新書 いいね!でつながる社会のゆくえ 現代の若者の類型、SNSの変遷そして第4章の中でのシェアのあり方 第5章SNSのゆくえ の中で今求められる遅いコミニケーションの重要性 ざっと読んで参考にすると良いと思います。著者は電通メディアイノベーションラボ主任研究員

| 書評 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ロウソクの科学

ファラデー 三石巌訳 角川文庫 ノーベル化学賞を受賞した吉野さんの愛読書ということで、読んでみました。内容からは特に得るものはなさそうに思えましたが、立派に生き、回りを照らし、社会に貢献することは目指したいですね。

| 書評 | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
リハビリ 生きる力を引き出す

長谷川幹 岩波新書 自分の秘められた力に自分自身が気づくために 地域での実践40年 高齢化社会であり、脳梗塞、脳出血はいつ起きるか予見が容易ではないので、一読しておくと良いと思う本です。読みやすいと感じました。

| 書評 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
統計分布を知れば世界が分かる

松下貢 中公新書 ライトな内容だが、ビジネスで統計に馴染みのない人や大学で統計関連の講義をとらなかった人には有用か 

| 書評 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE