受動喫煙防止へ法整備急げ

今朝の日経社説 世界最低レベルからの離脱を一刻も早く実現してほしいものです 東京オリンピックまでに間に合うか



| 環境 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
受動喫煙 NHK

日本の受動喫煙対策は世界最低レベル 週刊ニュース深読み 海外では屋内完全禁煙がスタンダード 東京五輪に向け室内完全禁路上喫煙禁止を推進してほしいものです  基準の明確化も重要ですね 公平という概念も確かに肝要かもしれない。マナーが悪い人がいるので法規制の強化しかない。


| 環境 | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
受動喫煙対策

自民党が東京都議選前に受動喫煙法案提出を断念と朝日新聞が一面で伝える オリンピックに向け国際標準確保のため再考すべきだろう 大阪万博を推進するなら受動喫煙対策法案の上程は不退転の決意で遂行すべきであろう 新幹線が全面禁煙なのだからレストランや路上は禁煙にすべしと考える。

渡辺文学さんは哀煙家というパネルをインタビュー記事のなかでしめしていたな。

| 環境 | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
世界禁煙デー

今日は世界禁煙デー 今日から6月6日まで禁煙週間 国会での受動喫煙論議もぜひ厳格な運用になることを期待します。三原じゅん子さんも注力しておられるようです。

追記 6月1日朝刊 朝日新聞受動喫煙屋外でも厳しい目 日経たばこ陳列禁止支持55%

さらに追記 6月2日早朝 朝の散歩に向かうとこちらへ歩きたばこの人がくるので道をかえるがまたもや別の歩きたばこの人が、帰りは信号待ちの間にタバコを吸う人が 禁煙週間くらいマナーよく行動できないのかな


| 環境 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
エコイベントでセグウエイに試乗
自宅の近くで開催されたエコイベントでセグウエイに試乗しました。約10分でしたが、TVで小泉さんが楽しんでいる様子を見たことがありますがその気持ちがよく理解できました。安全でエコな乗り物がもう少し普及してもいいかもしれません。東京も猛暑で午後少し風がでた中での試乗でしたが、地元のケーブルTVも取材に来ていました。東京都水道局や清掃局のブースなども回りましたが、世の中のエコに対する意識が高まるといいですね。昨日今日はいろいろなところでエコイベントが開催されています。小生は時間が許す限りほぼ毎年何らかの環境・エコイベントに参加しています。6月は環境月間。しかしながら、今日もエコイベントの会場ですら歩きたばこをしている人たちがいました。ちなみに5月31日は世界禁煙デーで5月31日から6月6日は禁煙週間になっています。
| 環境 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
小笠原諸島西之島沖で噴火
 地震が頻発するのでマグマが躍動していると感じていましたが40年ぶり小笠原諸島西之島沖で噴火 NHK9時のニュースで知りました。
以下読売記事
20日午後4時20分頃、海上保安庁の航空機が、東京都小笠原村の西之島付近の海域から黒色の噴煙が上がり、周囲に新しい島が出現しているのを確認した。
同庁では今後も海底噴火が起きる可能性があるとして、周囲を航行する船舶に警戒を呼びかけるとともに、今後も航空機などで監視を続けるとしている。
西之島は東京都心から南に約1000キロ、小笠原諸島の父島から西に約130キロにある南北約650メートル、幅約200メートルの無人島。同庁によると、噴煙が上がっているのは西之島から南南東に約500メートルの地点で、高さは約600メートルに達している。周囲には楕円(だえん)形の陸地が形成され、最も長い部分は約200メートルに及んでいるという。
| 環境 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
新幹線から見る富士山
 今年8割程度の確率で富士山が新幹線から見せないのですが、この3連休は行き帰りとも富士山が良く見えました。その前の3連休は行き帰りとも見ることができませんでしたが。お彼岸を過ぎ少し過ごしやすくなりそうです。今日はお墓参りに行きました。
| 環境 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
川に豚の死骸1200匹超=伝染病感染で投棄か―上海の水源
 中国・上海市当局は11日、市中心部を流れる黄浦江の上流で8日以降、1200匹以上の豚の死骸を発見・回収するとともに、一部が豚の伝染病である「豚サーコウイルス2型」に感染していたと発表した。回収作業は継続中としており、さらに増える可能性がある。水道水の水源にもなっているため、市民からは不安の声が上がっているが、当局は「人にはうつらず、現段階で水質への影響もない」としている。
 一方、11日付の上海紙・新聞晩報が地元・松江区当局者の話として伝えたところによると、豚の耳に付けられた目印から、上海に隣接する浙江省嘉興市の複数の農家が捨てたとみられている。同市には小規模の養豚農家が多く、これまでも豚の死骸を川に投棄。ここ1、2年も年間200匹前後が上海に流れ着いていたという。 
中国だけにいろいろなことがありますが、中国の環境汚染黄砂、PM2.5で昨日東京などは煙霧
夏日で大変でしたが、今後中国の動向から目が離せません。
| 環境 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
風が強く花粉が激しく飛散
 週末風が強く花粉が激しく飛散しまして大変影響を受けています。黄砂やPM2.5もあり日銀総裁候補黒田氏の衆議院での所信聴取や中国の全人代開催も重要ですが安倍政権環境対策も経済効果が大きいので注力していただきたいものです。
| 環境 | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
シンポジウム「原子力規制と環境法」
 東京も連日寒く今夜は雪が降り1−2CM積もるのではないかと言われています。東北や北海道も寒く電力消費は抑制されません。エコより命が大事ですからね。また手抜き除染の報道もある中シンポジウム「原子力規制と環境法」に参加してきました。
環境を中心とした企業の民事責任と公法上の責任及び地球環境問題と企業の責任という2つの企画がジョイントしたもの。

【報告者・テーマ】
下山 憲治 氏(名古屋大学大学院法学研究科教授)
 「原子力安全規制のあり方ー発電用原子力施設を中心に」
下村 英嗣 氏(広島修道大学人間環境学部教授)
 「高レベル放射性廃棄物処分場と環境法」
高村 ゆかり 氏(名古屋大学大学院環境学研究科教授)
 「福島電発事故後の原子力の国際的規制ーその動向と課題ー」
大塚 直 氏(早稲田大学大学院法務研究科教授)
 「福島第一原発事故が環境法に与えた影響」
開会の辞は研究会代表淡路剛久早稲田大学大学院法務研究科客員教授

法学者が多数来場していました。中高年の方が多い印象を受けました。TVや新聞報道より深い内外の状況・動向を知ることができ参考になりました。民主党政権時代の決めを2日前に安倍政権がご破算にするとの話もでているということで、今後も原発関連情報を注視したいと思います。
今回の企画責任者 大塚直(ただし)教授は愛知県生まれ。お父上は刑法学者の大塚仁(名古屋大学名誉教授)。学生時代団藤重光とその弟子大塚仁の両氏の著作は目を通しました。
環境法政策学会常任理事、日本土地環境学会常務理事、環境経済・政策学会理事、環境省中央環境審議会委員(総合政策部会、廃棄物リサイクル部会、環境保健部会、地球環境部会、水環境部会、土壌農薬部会、野生生物部会、総合政策・地球環境合同部会)、経済産業省産業構造審議会臨時委員、内閣府総合規制改革会議環境ワーキング・グループ専門委員、東京都環境審議会臨時委員、東京都環境影響評価審議会委員、国土交通省社会資本整備委員会臨時委員、新司法試験考査委員などを歴任。
| 環境 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE