スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
中央アフリカの宗教対立激化、2日間で1000人死亡
 年末も政治、宗教に注目です。来年も政治要因が経済に大きな影響を与えそうです。新興国は特に不安定かもしれません。以下CNNから

治安が極端に悪化している中央アフリカで宗教対立が激化し、2日間の間に1000人あまりが殺害された。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが18日に明らかにした。
アムネスティは、同国で戦争犯罪や人道に対する犯罪が行われていると指摘。裁判なしの死刑執行や遺体の切断、モスクなど宗教関連施設の意図的な破壊が横行し、大量の住民が避難を強いられているとした。
中央アフリカでは今年3月にセレカなどのイスラム武装勢力が首都バンギを制圧して当時のボジゼ大統領を追放し、セレカ指導者のジョトディア氏が暫定大統領に就任。以来、イスラム勢力とこれに対抗するキリスト教の自警団との間で衝突が激化していた。
アムネスティによると、12月5日早朝にキリスト教の自警団がバンギ市内でイスラム教徒を襲撃し、住宅を1戸ずつ回ってイスラム教徒の男性約60人を殺害した。
イスラム勢力で組織する暫定政府軍はこの報復として、2日間でキリスト教徒の男性1000人近くを殺害したという。少数の女性や子どもも犠牲になった。
アムネスティは、「民兵の武装を解除させ、危険にさらされている市民を守る効果的な措置を講じない限り、暴力の連鎖が終わる展望はない」と述べ、民間人を守るために国連平和維持部隊の配備増強などを求めている。
| アフリカ | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
リベリアに光明がさしている
内戦終了後4年経過したリベリア、ワシントンポストによると街と人々が明るくなってきているという。犯罪が減り人々がお互いを信じあえる社会になりつつあるという。またスーダンとチャドもお互い反政府勢力を支援しない協定を結んだ。これはセネガルの仲介によるものという。(AP)チベットで暴動が起きているが世界の中には明るい話題もありますね。
| アフリカ | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
安保理決議を受けダルフールの反政府勢力が会合
【8月4日 AFP】スーダン西部ダルフール(Darfur)地方の反政府勢力は3日、国連安全保障理事会(UN Security Council)が国連とアフリカ連合(African Union、AU)の合同部隊派遣を決議したことを受けて、タンザニアのアルーシャ(Arusha)で会議を開いた。政府との新たな和平交渉および内戦終結に備えて、共通の立場を明確にし、統一戦線結成に向けて道を開くのが目的。会議は国連とアフリカ連合の主催で開かれたもので、リビア、エリトリア、エジプトといったシリアの近隣諸国と、少なくとも16の反政府勢力の代表が出席すると見込まれていた。
 アフリカ連合のサリム・アハメド・サリム(Salim Ahmed Salim)特使は、最終的な協議が行われる時期について「2か月以内」だと話した。
なかなか利害の一致をみず解決に向かわないダルフール紛争。今後の推移を見守りたいです。日本はなんとか力になれないのでしょうか。
続きを読む >>
| アフリカ | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
北アフリカ等で政情不安
アレジェリア、チュニジア等で過激派が勢力を伸ばし、ギニアで内乱激化とアフリカの政情が不安定です。ソマリアは国連軍派遣等進展が見られますが。チェイニー米副大統領はどの程度関心をもっているでしょうか。
南部アフリカのモザンビークで今年に入って洪水が相次ぎ、これまでに約12万人が自宅の浸水などで避難、40人の死亡が確認された。浸水で農作物が全滅した地域があり、国連世界食糧計画(WFP)などは今後最大で28万5000人が食糧不足に直面すると警告。モザンビーク政府は国際社会に支援を訴えている。(毎日新聞)というニュースも。
| アフリカ | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ナイジェリア 秩序ある新首都建設でワーキングプアにはほとんど光明がない
In Nigeria's orderly new capital ,little room for the working poor Housing clearamce is forcing them out いたるところでAbujya is the Center of Unity という
看板があるがアフリカでもワーキングプア問題は深刻なようです。政府は彼らを移住させることを考えているが保障も新しい住居も提供されずという状況のようでロンドンと同じ黒いCABが走りロンドンを目指すがロンドンは一日して成らず。かつてのロンドンでは人々が自分で道を切り開いたがナイジェリアではチャンスを与える必要があるが今後の推移を見守るというところのようです。
街はクリスマスシーズンですがそうではない人がアフリカ、ナイジェリアで存在するということで、都内では昨日もクリスマスイルミネーションが綺麗でしたが、いろいろなことに思いを致したいものです。
追記 参考情報
アフリカ最大の人口(約1億2,710万人:UNFPA2005年)を擁し、OPEC第4位の産油量を誇る資源大国であるにもかかわらず、長年の放漫財政、汚職等により貧困、インフラ不整備等の諸問題を抱える。1980年代の軍事政権下で累積した多額の債務は、昨年のG8プロセス及びパリクラブ会合における議論で削減が決定され、我が国も、本年2月に約2,400億円の債務救済を行った。1999年、約16年間の軍事政権から民政移管を達成し、オバサンジョ大統領が就任。同大統領は明年4月に予定されている大統領選挙をもって任期満了を迎えるところ、新政権下での民主主義、経済改革の行方が注目されている。
| アフリカ | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
チャド:武装集団が住民220人虐殺
先日スーダンダルフールの隣国チャドへの影響について書きましたが以下をご参照されたし
【ヨハネスブルク白戸圭一】アフリカ中北部のチャド東部で今月4日以降、武装集団による住民虐殺が相次ぎ、少なくとも220人が殺害された。ロイター通信が9日、国連難民高等弁務官事務所の話として伝えた。チャド東部は隣国スーダンのダルフール地方の紛争の影響で治安が急激に悪化しており、現地で活動する人道支援機関では国境を越えた平和維持部隊の展開を求める声が強まっている。
ロイター通信によると、襲撃が起きたのはスーダンとの国境に近い東部のダルシラ地方。銃や刀などで武装した約200人の男が馬や車で乗りつけ、少なくとも七つの村で虐殺や放火を働いたという。
チャド、スーダン、中央アフリカの3カ国の国境が交差する地域では、03年から続いているスーダン・ダルフール紛争の影響で治安が崩壊し、武装勢力が乱立している。各勢力が越境して活動し、敵対勢力の支持基盤とみなした住民を襲撃する事態が起きている。
毎日新聞

| アフリカ | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ダルフールの暴力が隣国チャドに広がる
NYTにDarfur violence spreads to Chad's interior という記事が掲載されていました
日本からスーダン、ダルフールへの関心は薄れがちのようですが欧米の関心は依然強いものがあります。今日入手した証券アナリストジャーナル最新号には元日銀考査局長その後大和総研に移り現在は東洋大学経営学部教授に賀来景英氏がエチオピアを旅し資本のグロー張りゼーションに想いを馳せた文が掲載されちました。ちなみに賀来氏の奥さんは池田理代子さんです。ベルサイユのばらの作者で声楽家でもある方。追記 11月4日のNIKKEIプラス1 彩食健美 池田理代子さん母に教わった味が掲載されました。
アフリカといえばチュルシードルグバの活躍でバルサと引き分け。エッシェンも活躍アフリカのパワー健在。
かたや以下のような状況もあるのですが。アフリカに関心が向くといのですが。
アフリカの4首脳4外相が今週から来週にかけて相次いで来日、昨年のアフリカ首脳の来日がゼロだったことを考えると、異例のラッシュとなる。日本政府が国連安保理常任理事国入りに向けた「アフリカ戦略」の一環として、3日から北京で始まる「中国・アフリカ協力フォーラム」の参加者に足を延ばすよう呼びかけ実現した。
追記 先ほど外務省HP新着情報でスーダンとルワンダの大統領来日についてのUPがあり内容をCHKしました。さらに追記11月3日ガーナ大統領来日についての外務省情報UPが来ましてCHK。NYTが3日から北京で始まる「中国・アフリカ協力フォーラム」について大きな記事を掲載していました。中国の展開は要注意です。
| アフリカ | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スーダン石油で経済発展アフリカ一の成長速度だが格差は大きい
NYTにDespite embargo,Sudan builds a booming economy based on oil For few,these are day of plenty The growth is bolstering teh gorvenment at home and helping it resist puressure at Darfur.Despite drought and war, Sudan is the fastest-growing economy in Africa. という記事が掲載されちていました。日本版ニューズウイークもスーダンのことを数多くの写真つきで取り上げていました。ナイジェリアはよくストや暴動で製油所が機能停止に陥り原油価格に大きな影響を与えますが、スーダンも石油で潤って、先進国並みのカフェもあれば現代的な5つ星のホテルもあり、Khartoum十言うところが石油生産の中心地のようですが、アフリカ奥が深く今後もダルフール以外にも注目していきたいと思います。
追記 25日の原油価格上昇にナイジェリアが影響しているようです
| アフリカ | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
止まらぬ密航スペインカナリア諸島昨年の4倍2万人超背景に一部合法化
9月9日にも欧州移民問題をとりあげたが今朝の朝日新聞にスペインへのアフリカからの密航者の波がとまらにという大きな記事が国際面に掲載されていました。スペイン政府は欧州・アフリカ諸国に対策を呼びかけるが反応は鈍いという。海外移民からの送金が貴重な外貨収入源になっているアフリカ諸国は必ずしも移民規制に熱心ではない。また騒動の最中の8月末スペインでは移民なしでは過去10年の経済成長はなかったという報告書が発表され、低賃金の移民が、スペイン産野菜の市場競争力や住宅ブームを支える現状での取り締まりの効果を疑問視する声は大きいというが。
スペインの左派政権は移民に寛容と見られてきたが大量密航への懸念が国民に強まり始め、最近の世論調査で64%が移民問題を最大の関心事と回答、失業問題にかかわってトップになったこと、政権支持率が下がり気味なことも背景にあるとされています。
密航者の大半はセネガル人だがマリやギニアビサウ、コートジボワール、カメルーンなどに及ぶが、既にスペインはモーリタニアとセネガルとは沿岸共同警備協定を結んだ。
今後も注視していきたい問題です。
| アフリカ | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コンゴ約45年ぶり民主選挙
英タイムズがCongo puts its faith in ballot boxes to end the
decades of dictatoship,及び THE HEART OF AFRICA Congo's warloads are
shamed by zeal of firsttiome voters という記事を掲載しているが日本で報道が一部されている。自民党総裁選でもっとアフリカを語る候補がでないものか。

アフリカ中部のコンゴ民主共和国で30日、大統領選と議会選が実施される。独裁者だったモブツ大統領(在任65〜97年)を信任する形式的な大統領選が行われたことはあるが、民主的選挙としては60年の独立以来初めて。選挙前から群衆の暴徒化や衝突が相次いでおり、選挙結果を巡る騒乱の拡大も懸念されている。(毎日新聞)

約45年ぶり民主選挙 コンゴ、正式政府移行へ

【キンシャサ29日共同】アフリカ中部のコンゴ(旧ザイール)で30日、大統領と国民議会(下院)の選挙の投票が行われる。英BBC放送(電子版)などによると、内戦やクーデターが続いたコンゴで複数政党参加の民主的な選挙は、1960年の独立直後に行われて以来。2003年に発足した暫定政府が正式政府に移行、国家再建の重要な節目となる。
 暫定結果発表は、9月中旬以降になる見込み。
 新大統領の任期は5年、2期まで。第1回投票で過半数を得た候補者がいない場合は、決選投票になる。候補者33人のうち、暫定政府のカビラ大統領が最有力候補とみられているが、過半数獲得は困難との見方が強い。
(共同通信) - 7月29日18時54分更新
| アフリカ | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE