スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
JGB乱高下
 日本株は堅調ですがJGB乱高下 地銀では長期債は売りきったところもあるようですが
波乱含みです。
| 円債市場 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
財務相が国債市場特別参加者会合出席
 アメリカだけでなく日本でも財政、国債発行への関心が高まりを見せています。
財務省は26日、赤字国債を発行するための特例公債法案の成立が遅れている影響について話し合うため、急きょ国債市場特別参加者会合を開催した。財務省は、このままの状態が続けば12月からの国債入札に支障が出ると説明。出席した金融機関関係者からは発行休止やその後の再開が、長期金利に悪影響を及ぼしかねないと懸念する声が相次いだ。会合には2004年以来、8年ぶりに城島光力財務相が出席し、法案の早期成立に意欲を示した 国債会合は一部の金融機関からの要請を受けて同日午後、財務省内で開いた。2004年の初会合以来、8年ぶりに現職大臣が出席。城島財務相は冒頭あいさつの中で「10月下旬になっても特例公債の発行根拠となる法案が成立していないという、異例の事態に直面している」と言及。29日召集予定の臨時国会に特例公債法案を再提出し、「法案の早期成立を図るとともに、財政運営全体について、今後も市場の信認を確保すべく努力したい」と話した。 政府は、今年度に新規財源債(建設国債と赤字国債)や復興債、財投債などで174.2兆円の国債を発行することを決めた。しかし、同法案が成立しなければ赤字国債38.3兆円の発行はできない。 財務省によると、市場発行を予定している国債149.7兆円のうち、1年以内に償還を迎える割引債を除いた利付債の総額は118.8兆円。同省では、赤字国債を発行できない状況を踏まえ、それ以外の建設国債や財投債、借換債などを先に発行し、市場に悪影響が及ばないよう配慮してきたが、12月以降は、10兆円の利付債発行を毎月同じように発行することが不可能になる。
会合では、財務省が「12月4日の10年債入札では2.3兆円の予定額確保が難しい」と説明。「(法案成立まで)発行を休止すれば、成立後に停止分を取り戻すのに今のペースを増額せざるを得ない」とした。
これに対し、市場参加者からは「法案成立前の発行休止や成立後の発行増などが金利上昇につながりかねない」、「金利が上昇すれば国債費が増え、財政負担が増す」などの声が上がった。一部の参加者からは長期金利の指標銘柄である10年物国債の需給悪化を避けるため、「11月末の2年債発行を取りやめ、10年債の入札を優先すべきでは」との意見も出されたという
| 円債市場 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
財政懸念からJGBが売られる
最近商品市況が軟調でデフレの可能性も揶揄され物価格連動債が売られていましたが、社債発行が集中し、また、国や地方自治体の財政が景気とからみ懸念され、JGBに売りが出ました。年末に向け現金を持ちたい向きもあるでしょう。財政規律はどうなるか、麻生政権はまとまりがなく、GMやフォードがオバマ新政権誕生までもたないとの見方も浮上し、日本株は上値が重く小幅安。西友が電気店のようにチラシ持参で安売りを始めるようですが、どの程度効果がでるのか。今朝の新聞にはGMの大きな広告が掲載されていましたが、
今の時期携帯も買い換えないご時勢に車を買う人がどれだけいるのか?
| 円債市場 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
JGB先物は乱高下10年債入札不調も高値引けさらに円高で買われる
このところ需給が悪化していたJGB10年債入札不調で大きく売られるが株式軟調やレベル感の買いなどで高値引け ザラ場引けは珍しい その後円高が進展し一時103円台をつけイブニングで136円台を示現 ユーロも大きく売られたが激しい動きです
今日はお昼はクイーンアリスアクアでコショウダイのソテーサーモン、イカ添えでまずまず。夜は自宅でハンバーグと刺身(マグロ、エビ、帆立、タイ)。どうも最近鼻の調子が悪い。帰りの電車は中央線の事故のせいで大混雑でした。
| 円債市場 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
JGBは全般的に買われる
昨日は超長期債は入札のせいもありパフォーマンスがいまいちでしたがJGB今日は中期債から超長期まで全般的に買われる。GWを控えコールレートは上昇しましたが。
今日来ていた郵便物ではゴビ砂漠に恐竜化石発掘調査の案内が目を引きました。タイミングがあえば行きたいと思いました。全食事付、食事の時の飲み物付、スイカ食べ放題というものでしたが、モンゴルはスイカがよくとれるところなのかと疑問に感じましたが。
夜は自宅でチキンカレー。ビールがうまい。今年は日本モンゴル外交関係樹立35周年に当たるらしい。
26日から安倍首相訪米ですが日米首脳会談:為替は中心議題にはならない−マコーミック次席補佐官 ということらしい。中東訪問もする安倍首相成果をあげて凱旋できるでしょうか。
| 円債市場 | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
国債パネルディスカッション
今日は国債パネルディスカッションに参加してきました。メガバンク保険会社は金利が上昇しないと本格的に参入しないようで、今後も米国経済、見方が分かれますが、そして外人動向は財務省のIR活動とも関連しポイントになりそうです。
今日は日本株が大きく下げJGBはほぼ変わらず。やはり9月は株式市場は弱いのか。
日本の景気と金融政策も見方が分かれ今後も神経質な展開が継続しそうです。
蒸し暑い天候で東京は雨こそ激しく降りませんが、爽やかではありません。台風シーズンは11月頃までですし、その頃は米国政治で忙しそうです。
| 円債市場 | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
岩田日銀副総裁連日の量的緩和近し発言
岩田日銀副総裁連日量的緩和近しを思わせる発言があり今日のJGB
MKTは一時大きく下げ10年指標が1.4%に引けにかえ大きく戻しましたが 海外金利も上がり気味で利上げした国もスリランカ等があり、当面はブラジル金利動向も注目です 
続きを読む >>
| 円債市場 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
JGBはレンジ継続
JGBは今日の米雇用統計を控えレンジ継続 10年債で1.20−1.50
程度でのレンジを当面は変えそうにない 中期的には欧州金利の反転、米国金利の上昇を受けることが十分あり得ようが 中期債は0.5後半に入り買いにくい 銀行発行の債券が良く売れ東京三菱とみずほのスプレッドが逆転などもあり、もう少し様子を見てからか
高校野球明徳義塾の集団喫煙と暴力での甲子園練習後の出場辞退というニュースも。
続きを読む >>
| 円債市場 | 03:29 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
JGB中期長期金利上昇
JGB20年債入札テールが長く先物が2か月ぶり140われ 現物も5年が0.5、10年が1.3%に乗せる もう少し調整があるか
続きを読む >>
| 円債市場 | 04:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
円債市場
今日は株高債券高 円債はやはり需給なのか 高田創氏のプリゼンについての感想など
続きを読む >>
| 円債市場 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE