止まらぬ密航スペインカナリア諸島昨年の4倍2万人超背景に一部合法化
9月9日にも欧州移民問題をとりあげたが今朝の朝日新聞にスペインへのアフリカからの密航者の波がとまらにという大きな記事が国際面に掲載されていました。スペイン政府は欧州・アフリカ諸国に対策を呼びかけるが反応は鈍いという。海外移民からの送金が貴重な外貨収入源になっているアフリカ諸国は必ずしも移民規制に熱心ではない。また騒動の最中の8月末スペインでは移民なしでは過去10年の経済成長はなかったという報告書が発表され、低賃金の移民が、スペイン産野菜の市場競争力や住宅ブームを支える現状での取り締まりの効果を疑問視する声は大きいというが。
スペインの左派政権は移民に寛容と見られてきたが大量密航への懸念が国民に強まり始め、最近の世論調査で64%が移民問題を最大の関心事と回答、失業問題にかかわってトップになったこと、政権支持率が下がり気味なことも背景にあるとされています。
密航者の大半はセネガル人だがマリやギニアビサウ、コートジボワール、カメルーンなどに及ぶが、既にスペインはモーリタニアとセネガルとは沿岸共同警備協定を結んだ。
今後も注視していきたい問題です。
| アフリカ | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 05:59 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/1090
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE