ノーベル物理学賞に日本人3人
市場は不安定なままですがいいニュースが飛び込んできました。ノーベル物理学賞を日本人3人が受賞は大きなサプライズです。以下サンケイ新聞の記事から。
スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2008年のノーベル物理学賞を高エネルギー加速器研究機構の小林誠名誉教授(64)と益川敏英京都大名誉教授(68)=京都産業大教授、米シカゴ大の南部陽一郎(87)の3氏に授与すると発表した。授賞理由は「小林・益川理論」と「対称性の自発的な破れ」による素粒子物理学への貢献。宇宙や物質の成り立ちにかかわる根源的な現象を解明し、素粒子物理学の基礎となる「標準理論」を構築した功績が評価された。日本人のノーベル賞は6年ぶりで、共同受賞は初めて。
南部氏は福井県出身で米国籍。
追記その後の報道によると南部氏は東京生まれ小林氏益川氏は愛知県生まれで小林氏は海部元首相のいとこということです。ノーベル物理学賞益川氏家内の友人からの知らせで家内の卒業した高校現在はスーパーサイエンス指定校のOBで小林氏は小生のいとこのの卒業した高校のOBということがわかりました。
近年愛知県ゆかりのノーベル賞受賞者が輩出しています
| 時事 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/2031
トラックバック
[ノーベル物理学賞]一気に3人受賞。
よくこの時期になると、ノーベル賞受賞予想みたいなのが出てきて、それに日本人の名前
| BBRの雑記帳 | 2008/10/08 7:47 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE