ブラッドリー効果
19日のロイターゾグビー世論調査でオバマ47.8%マケイン45。1%とはじめてマケインが45%に支持率をのせ差も縮小 何かが起きている それは今月いろいろな人と話していてでてくるブラッドリー効果かもしれません 最近では伊藤洋一さんも触れていました。今日見た最新調査は49%対44%に戻っており日々変化が見られます。先日も人種差別について言及しましたが、根深いものがあるようで、13ゲーム離しても優勝できないセリーグのチームがあったようにマケインが勝利する可能性は否定できません。世界の株式市場も今日は上昇基調。経済が安定すれば共和党有利景気の先行き不安が高まると白人のオバマ支持が上昇という構図です。またオバマ有利という報道で実際に投票しない人が数パーセントでるだけでひっくりかえる差でしかないという現実があります。日本でも加藤の乱というのがありました。思いと行動が一致するかどうか
最後まで予断を許しません。
今日はYさんどうも。時間を見つけいろいろ語り合いといものです。
| 米大統領選 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 19:50 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/2044
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE