ベルギー幻想美術館@BUNKAMURA
 子供や親に関わる用事でなかなか行くことがかないませんでしたがとうとうベルギー幻想美術館@BUNKAMURAへ 第3章 幻視者の独白 ジェームス・アンソール 版画が多かった。特に32点組みの《キリストの生涯》は力作。版画もいいものです 第4章 超現実の戯れ ルネ・マグリット 以前マグリット展で見た作品以外のものもありなかなかでした 第5章 優美な白昼夢 ポール・デルヴォー 特長がある作品多数 今まであまりなじみがない画家 チラシにも使われている 幻想美術館のメインはマグリットとデルヴォーのようです  初日に行けた人がうらやましいです
フェルナン・クノップフも悪くない 
| 芸術 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「ベルギー幻想美術館」
Bunkamuraザ・ミュージアムで9月3日より開催される 「ベルギー幻想美術館 クノップフからデルヴォー、マグリットまで」展のプレス内覧会にお邪魔して来ました。 木曜日という中途半端な曜日から始まる展覧会。理由はちゃんとあります。9月3日は、Bunkamuraが20
| 弐代目・青い日記帳  | 2009/10/12 10:42 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE