リヒテンシュタイン華麗なる侯爵家の秘宝展
 国立新美術館で開催中のリヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝展に行きました。セザンヌ―パリとプロヴァンスCézanne.Paris-Provence展を見た時に入手したパンフにより大いに興味をそそられ、ついにいろいろな作品を目にすることができました。
30年ほど前ですがリヒテンシュタインを訪問したことがあり、スイスとオーストリアに接する美しい国という印象で、ファドゥーツ城も行きました。なつかしい思いをはせながらまずバロック・サロンへ。嵐の海と難破船や果物、狩の獲物、野菜、猿、リス、猫のいる風景などが特に印象深い。クンストカンマ―美と技の部屋に装飾品も多数展示されています。
ルーベンスの作品も多数展示され、侯爵家の珠玉の絵画コレクションから選りすぐられた名画によって、ルネサンスからバロック、新古典主義までの西洋絵画史をたどります。ラファエッロ、クラナッハ、レンブラント、ヴァン・ダイクら巨匠たちの名画のほか、19世紀前半に中欧で流行したビーダーマイヤー様式の優美な絵画に見せられることは必定でしょう。
夢に浸っても印象的な作品でした。
来場者はかなり多かったです。
7分40秒の紹介ビデオもぜひ見てナチス等の歴史的背景も含めて理解を深められるといいと思います。ドイツ語での侯爵家当主ににより挨拶が入口に掲げられていますが、ドイツ語になじみのある方は、こちらにも少々お時間をとられるのもいいかと思います。
| 芸術 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/2940
トラックバック
「リヒテンシュタイン展」
国立新美術館で開催中の 「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」展に行って来ました。 リヒテンシュタイン展公式サイト http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/ 今年で開館5年目を迎える六本木、国立新美術館。これまで数々の展覧会拝見し
| 弐代目・青い日記帳  | 2012/10/15 9:43 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE