ふたご座流星群13日夜〜14日未明が見ごろに
 冬の夜空を彩る「ふたご座流星群」が、13日夜から14日未明にかけて観測のピークを迎える。国立天文台によると、今年は観測の邪魔になる月明かりがない好条件だ。ふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群の一つで、流星の数が多く観測しやすい。流星群は午後8時ごろから見え始め、真夜中すぎから明け方にかけて増加。条件が良ければ1時間で流星が30個ほど観測できそうだ。全国で見られるが、できるだけ街灯がない暗い場所を選んだ方が流星の弱い光をとらえやすい。 同天文台は12日夜から16日朝まで観測報告を受け付けるキャンペーンを実施。「簡単にあきらめず、最低15分間は観察しよう」とアドバイスしていると言うが、今日から毎日CHKしようと思います。
| 科学 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 18:51 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/3021
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE