2012年を、振り返る〜持続可能な世界へ向けた到達点と、今後〜世界銀行東京事務所、CEPAジャパン主催コーヒーアワー
 今回は会場が世界銀行ではなく新装なった旧日比谷図書館現在は日比谷図書文化館 で、改装されてからは初めて行きました。先日、双日総研の吉崎君も同様のコメントを書いていましたが、新しくてきれいです。CAFE&LIBARARYや江戸のころの街並みや宝塚関連の展示もました。
今回は世銀の方の世界銀行・IMF総会の総括を聞いたり、環境に関するCEPAなどの人のプリゼンを聴きました。リオ+20が6月にありそのほかにも環境に関する会議がいろいろあったということで興味深い話が聞けました。話をした方や会場方のうちの一部の方と名刺交換をして、名古屋出身の人も複数いて、有意義な時を過ごしました。持続可能な未来について参考になる議論がありましたが、現在愛知ターゲットは素晴らしい目標だが、日本の世界における環境分野の貢献は大きくない現実を提起されました。
経済状況の反映もありますが、日本の経済と環境分野における存在感が高まることを期待したいです。
Green EconomyからGreen Growth、強靭な社会へとの目指す未来が展開しているようです。
環境とビジネスの調和は簡単ではありませんが、子供や孫の代にかけて、明るい世界になっていてほしいものです。
ちなみに今月は地球温暖化防止月間らしい。環境省のサイトによると平成10年度から12月を「地球温暖化防止月間」と定め、国民、事業者、行政が一体となって普及啓発事業を始めとする様々な取組を行うことにより、地球温暖化防止に向けた国民運動の発展を図っているとのこと。
| 環境と金融 | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 19:24 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/3032
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE