川に豚の死骸1200匹超=伝染病感染で投棄か―上海の水源
 中国・上海市当局は11日、市中心部を流れる黄浦江の上流で8日以降、1200匹以上の豚の死骸を発見・回収するとともに、一部が豚の伝染病である「豚サーコウイルス2型」に感染していたと発表した。回収作業は継続中としており、さらに増える可能性がある。水道水の水源にもなっているため、市民からは不安の声が上がっているが、当局は「人にはうつらず、現段階で水質への影響もない」としている。
 一方、11日付の上海紙・新聞晩報が地元・松江区当局者の話として伝えたところによると、豚の耳に付けられた目印から、上海に隣接する浙江省嘉興市の複数の農家が捨てたとみられている。同市には小規模の養豚農家が多く、これまでも豚の死骸を川に投棄。ここ1、2年も年間200匹前後が上海に流れ着いていたという。 
中国だけにいろいろなことがありますが、中国の環境汚染黄砂、PM2.5で昨日東京などは煙霧
夏日で大変でしたが、今後中国の動向から目が離せません。
| 環境 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/3137
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE