日本人が愛した官窯青磁@東京国立博物館

5月27日から東洋館5室で展示されている日本人が愛した官窯青磁をみてきました。この展示は見に行く予定の6月24日から開催される特別展台北 國立故宮博物院ー神品至宝で清の宮廷に伝わった貴重な北宋汝窯(ほくそうじょよう)、南宋官窯(なんそうかんよう)の青磁が公開される運びとなり、東京国立博物館のほか常盤山文庫、アルカンシエール美術財団など国内所蔵作品を通して、日本における官窯研究の歴史をたどるものです。日本所蔵の汝窯青磁をはじめ、数十年ぶりに公開される貴重な作品が見どころということです。青磁はいろいろ見ていますが、なかなかいい展示でした。10月13日まで。主要展示品は以下の通りです。

重文青磁輪花鉢 中国・南宋官窯 南宋時代・12〜13世紀 横河民輔氏寄贈
国宝青磁下蕪瓶 中国 南宋時代・13世紀 東京・アルカンシエール美術財団蔵
南宋官窯址採集陶片(郊壇下) 中国・南宋官窯 浙江省杭州市採集 南宋時代・12〜13世紀
また、東洋館5室で東洋陶磁収集家の横河民輔(1864〜1945)生誕150年を記念して、横河コレクションの中国陶磁の特集があり同時開催される特集「日本人が愛した官窯青磁」にちなみ、「横河コレクション―中国青磁のすべて」として三国時代から清時代に至る14点の青磁作品を展示されています。10月13日まで。
朝鮮の陶磁(9月21日まで)も見て、その後東洋館8室の中国の絵画 金大受「十六羅漢像」と道釈人物も見ましたが、こちらもなかなかいいです。6月15日まで。
トーハクは本館、平成館だけでなく東洋館もいいものがあります。法隆寺宝物館は6月30日まで休館していますが。


 

| 芸術 | 19:40 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 19:40 | - | - | ↑TOP
 南宋時代が中国の歴史上一番文化度が高いと私は想いますが星の王子様は如何なる風に思われていらっしゃいますか?
| 平名 | 2014/06/19 3:44 AM |
私見では南宋時代は優れた時期のひとつと思いますが、明の時代も相当ですね。中国の至宝展でもいろいろな文物を見ましたが、金や元の文化もかなりのものがあり、清の文化もかなりいいものがありまして、甲乙つけがたいと考えます。
| 星の王子様 | 2014/06/19 6:59 PM |
追加です。北宋時代の方が南宋より国力が安定して文化も優れていたとの見方もありますね。青磁輪花碗(せいじりんかわん)汝窯(じょよう)北宋時代・11〜12世紀が台北 國立故宮博物院で北宋の皇帝・徽宗も愛した青磁として特別展台北 國立故宮博物院ー神品至宝で展示される予定になっており見逃せない作品のひとつと考えています。
| 星の王子様 | 2014/06/23 7:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/3425
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE