俳優の米倉斉加年さん死去

 昔からいろいろないい役を演ずる役者さんでした。ご冥福をお祈りします。

以下朝日の記事から舞台や映画などで幅広く活動した俳優で、演出家、絵本作家としても知られる米倉斉加年(よねくら・まさかね)さんが26日、腹部大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)破裂のため福岡市内の病院で死去した。80歳だった。葬儀は近親者で営み、後日お別れの会を開く。喪主は妻テルミさん。福岡市生まれ。西南学院大学を中退して劇団民芸の研究所に入所。59年に劇団青年芸術劇場を結成したが、64年民芸に再入団した。66年、ベケットの「ゴドーを待ちながら」などの演技で第1回紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞。74年から演出も手がけ、00年に退団するまで民芸の中心俳優の一人として活躍した。

故森光子さん主演の放浪記では20年以上にわたってヒロインと親しい詩人役を務めた。知的な役柄を得意とし、テレビや映画でも脇役で存在感を示した。NHK大河ドラマ「国盗物語」「花神」などに出演。映画男はつらいよシリーズにもたびたび登場した。今年公開の「小さいおうち」にも出演していた。

絵本作家としては、76年と77年にボローニャ国際児童図書展でグラフィック大賞を受けた。

| 訃報 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 20:37 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/3460
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE