分解するイギリス 民主主義モデルの漂流

EU離脱問題の真相を探る 非合理な選択はなぜなされたのか という帯 近藤康史著 ちくま新書

かつて日本は民主主義の手本はイギリス法律はドイツを見習ったのだが、今やドイツのもとのプロイセンはロシアやポーランド。民主主義の規範も変化してもむべなるかな。大学でイギリス議会政治史も取りました。

序章 モデルとしてのイギリス?

第一章 安定するイギリス

第二章 合意するイギリス

第三章 対立するイギリス

第四章 分解するイギリス

終章 イギリスはもはやモデルたりえないか?

昨年、今年とイギリス選挙は世界にとり火種となっており、一読をおすすめします。激しいポンドの動きを考えるヒントがあるかもしれません。6月10日発行。

連合王国分解スコットランド独立があるか。

| 書評 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 18:02 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/3549
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE