データの見えざる手 矢野和男
書評をかくのは久しぶり 帯は幸福は測れる。幸福感が上がると生産性も向上するAI センサ ビツグデータを駆使した、新時代の生産性研究の名著。待望の文庫化 新たに著者による解説を追加 先日購入し今日新幹線の移動で読みました。最新の研究成果を知ることができます。将棋棋士のAIへの挑戦を誉めたりもしている。データ処理の重要性が高まる昨今必読書であろう 草思社文庫 著者は日立製作所フェロー 第一章 時間は自由に使えるか 第二章 ハピネスを測る 第三章 人間行動の方程式を求めて 第四章 運とまじめに向き合う 第五章 経済を動かす新しい見えざる手 第六章 社会と人間の科学がもたらすもの
| 書評 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/3853
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE