インクルージョン 株主総会 日大問題
日本の株主総会シーズン到来 企業統治ガバナンスに充実で取締役人数員数削減社外取締役増加女性重視と外形基準の進化適合が進展 次は中身 実質が問われる 社外取締役の兼任社数の次は経歴をより開示し、さらにインクルージョン 個人と組織の充実度が重要となるか 個性的な人材が活躍の場を増やし、マネジメントの質の向上が厳しく問われることになるのか お土産廃止で浮いた経費は前向きな会社の質改善向上のための投資人材確保に振り向けないと個人投資家の個別銘柄選別もより一層厳しくなろう 日大のガバナンス軽視対応の遅さは他山の石 日本の企業や団体にまだ欠けていたり不十分な外国人登用 日大も外人女性でも重要なポストにつけんといかんのかも 但しトヨタ自動車に前例あり 精査が必要です このままいくと日大問題ハーバードや名古屋商科大学ビジネススクール、マスコミ理論、心理学、経済学などの題材にされそうです 早く収束してほしい  大学にも年一回公開で株主総会相当の議論の場の導入義務づけるきべきか
| コーポレートガバナンス | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/4009
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE