父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

やニス・バルファキス 関美和訳 ダイヤモンド社 話題の本なので読んでみました。ギリシャ元財務相が著者というのは何とも言えないが、世界25か国で売れているらしい アボリジニがなぜイギリスを侵略しなかったかはおもしろい命題 オーストラリアでアボリジニにブーメランをマンツーマンで教えてもらったことがあります。イギリスも行ってますが、思いもつかない発想 解答を明示せずに娘に考えさせるスタイル 混沌とした米国と中国の経済戦争が世界経済に与える影響を考えるのに疲れた時などに読むといいかもしれません 著者は1961生まれで僕より少し若いがほぼ同年代

| 書評 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://starprince.jugem.cc/trackback/4898
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE